ネスカフェドルチェグスト

ドルチェグストはレンタルか購入かどっちがいい?両方の意見をまとめてみた

この記事ではドルチェグストを使いたい時にレンタルか購入どっちにすればいいの?って方に向けて記事を書きます。

そもそもレンタル無料できるのって何だよって最初は私も感じましたし、結局どっちの方がお得でリスクなく使えるのか気になるところだと思います。

私は実際にレンタルでドルチェグストを2年以上使ってることもあってレンタルをオススメしてますが、購入した方が良いのも事実なので、その辺をぶっちゃけて書いていきます。

ドルチェグストをレンタルしてみた感想はドルチェグストのレンタル定期便の口コミにも書いたので読んでみてください。

ドルチェグスト レンタル 口コミ デメリット
【口コミ】ドルチェグストのレンタル定期便の評判をヘビーユーザーがまとめた

こんにちは、ネスカフェ大好きな森です。 ネスレ人気のコーヒーメーカー『ネスカフェ ドルチェグスト』を選ぶなら、実はマシンを購入して利用するより『マシン本体無料の ...

続きを見る

ドルチェグストの購入とレンタルの違いは?

ドルチェグストの購入とレンタルの違いは、やはり費用の違いが大きいと思います。

そもそもドルチェグスト無料レンタルカプセルお届け便とは、3ヶ月ごとにカプセルを6箱以上自動で購入し、配送料が無料で届けてくれるサービスです。

カプセルお届け便の利用が必須ですが、最新のドルチェグストが無料でレンタルできるというものです。

1箱に入っているカプセルの数は8〜16杯程度なので、6箱購入すると1日1杯分となります。

1杯あたり約54円からお家で本格的なカフェ気分を味わえるため、カフェやコンビニで買うよりもお手頃です。

さらにドルチェグストは20種類以上のカフェメニューが揃っており、コーヒー以外にもラテやティーなど豊富な種類が魅力です。

費用が格段に違う

ここであらためて、購入とレンタルでかかる費用の違いについて解説していきます。

ドルチェグストを購入して利用する場合、まず初期費用として15,000~20,000円程度のマシン購入費がかかります。それに加え1日1杯飲むと想定した場合のカプセル購入費は23箱購入で24,771円となり、年間費用でおよそ45,000円程度かかります。

ドルチェグストを無料レンタル定期お届け便を利用する場合は、初期費用としてカプセル6箱購入の6,138円(最安値の場合)が初期費用としてかかります。カプセル購入費は3ヶ月ごとに6箱以上自動購入する仕組みなので、18,414円となります。初期費用とカプセル購入費を足した年間費用は24,552円となります。

マシンを購入した場合は年間で45,000円かかるのに対し、レンタルの場合は24,552円なのでレンタルのほうが2万円以上もお得です。

ドルチェグストをレンタルしようと思った理由

私はドルチェグストをレンタルで利用しました。

レンタルをしようと思った理由は、最新のドルチェグストを無料でレンタルできること、専用カプセルが最大で15%OFFで購入できることや注文内容を毎回変更できること、レンタル期間中はマシン修理保証があるため安心して利用できることが魅力に感じました。

もし気に入らなかったとしても損することがほとんどないことや、故障した時のことを考えるとレンタルのほうがお得だと思いレンタルすることを決めました。

購入を考えなかった理由は、いままでコーヒーマシンを買ったことがないのが理由です。いきなりマシンを買うことに対してハードルが高いと感じたため、まずはレンタルで試してみたいと思いました。

どんな人にドルチェグストのレンタルがお得か?

つづいてどんな人にはレンタルがお得で、どんな人には購入がお得か解説します。

コーヒーやラテを飲み始めたての人や、コーヒーマシンを試してみたい人にはレンタルがお得だと思います。

コーヒーは1週間に1度しか飲まないという人や3ヶ月に1度6箱届くため定期契約をすることに抵抗を感じる人、マシンを所有したいという人は購入することをおすすめします。

マシン購入は、飲みたいと思ったものを好きなタイミング買えることが魅力だと思います。

ドルチェグストをレンタルした感想

ここからはドルチェグストをレンタルして良かった点と悪かった点について解説します。

 良かった点

ドルチェグストをレンタルして良かった点は、カプセル式で使いやすく、20種類以上という豊富な種類から選べることが良かったです。

例えば深い刻とキレのある味が特徴の「リッチブレンド」や、カフェレベルの香りや味わいが特徴の「アイスコーヒーブレンド」、スターバックスブランドの「スターバックス アイス アメリカーノ」などブラックだけでもホットからアイスまで豊富な種類が取り揃えられています。

そのほかに、「アイスカプチーノ」や「宇治抹茶」、「宇治抹茶ラテ」、「カプチーノ」、「ティーラテ」や「ソイラテ」などコーヒー以外の味も楽しめます。

いくら好きだからといって毎日同じ味を飲んでいたら飽きますが、ドルチェグストの場合20種類以上のカフェメニューがあるので、味わう楽しさと選ぶ楽しさの両方を感じることができて良かったです。

特に、普段カフェに行ったときに選ばないような味でも、気楽に選んで味わえるのが魅力でした。

またカプセル式のため、お手入れをするのが簡単なことも良かったです。

粉だとマシンの内部がかなり汚れて、パーツを分解しないと綺麗に洗い落ちませんが、カプセル式なので給水タンクやカプセルホルダー、抽出トレイなどのパーツを水で洗い流すだけなのでお手入れが簡単でした。

カプセル式の利点として鮮度が落ちないことも魅力です。

粉や豆は一度開封してしまうと酸化などが原因で鮮度が落ち、味や風味が悪くなります。

さらに開けてから長期間経つとカビが発生する可能性もあったりと管理をする際に気を配らなければなりません。

しかしドルチェグストはカプセル容器に密閉されているため、風味や味が悪くなる心配もなく保管できるのが良かったです。

そして、いつ淹れても失敗することなく、すぐに美味しいコーヒーが飲めるのも良かったです。

カプセルにおすすめの水量が記されているので、その通りに設定して淹れるだけなので、コーヒーを淹れる技術や知識がなくても毎日安定して美味しいコーヒーが飲めて良かったです。

 悪かった点

ドルチェグストをレンタルして悪かった点は、カプセルを3ヶ月ごとに配達してくれるため、マシンを使ってコーヒーを飲まない日が続くと、カプセルが余るので飲みたいから飲むというより、余りを減らすために飲むことがあったり置き場所に困ることがありました。

しかし、ドルチェグストのお届け便は最大で2ヶ月配達を延長させることができるため、飲まない日が続いた場合は配達日時を遅めることで調整しました。

定期購入は大きなメリットもありますが、飲みきれないリスクもあるので悪い点と言えるかもしれません。

そのほかにコーヒーを抽出する際に生じる音がうるさいことが気になりました。

調べたところ抽出時の音の大きさは65dbで、これは掃除機と同じくらいの音の大きさです。

しかし、すぐに抽出されることや1日に1回飲むだけだったのでそれほど気になりはしませんでした。

悪いとは感じませんでしたがレンタルを終えて、マシンを返品する際に1000円から2000円程度の送料がかかります。

本体の購入代金と比べるとあきらかに少ない金額なのでそこまで気になりませんでしたが、もしレンタルをする場合は返品する際に送料がかかるということを覚えておいたほうがいいと思います。

その他の注意点としてレンタルする際に選べるコーヒーメーカーは2種類で、ネスカフェドルチェグストジェニオアイまたはネスカフェゴールドブレンドバリスタの2種類となっています。

ジェニオアイのカフェメニューは20種類以上で、コーヒー1杯あたり約54円となっています。

バリスタのカフェメニューは5種類ですが、コーヒー1杯あたり約20円です。

ドルチェグストのレンタルがおすすめな人

ここまで、ドルチェグストの良かった点と悪かった点について解説しました。

ここからはどんな人がドルチェグストの無料レンタルをすべきか説明します。

日常的にコーヒーやラテを飲む人や、初めてコーヒーマシンを利用する際に初期費用を抑えたい人にはレンタルがお得だと思います。

特にドルチェグストを買おうか悩んでいる人や、家族でコーヒーやラテを楽しみたいという方や、カプセルを買いに行くのが億劫に感じる方などはレンタルがおすすめだと思います。

 

ドルチェグストを購入した人の意見

私は、「ドルチェグスト ジェニオ エス 」を購入しました。

マシンのレンタルサービスもありましたが、購入した理由は自分のペースでコーヒーを飲みたいからです。

家族構成

私の家族は、父・母・妹の4人家族です。

妹は成人していますが、コーヒーが飲めません。

父・母・私は、コーヒーは好きですが、日頃からよく飲んでいるわけではありません。

出かけたついでに、スターバックスなどのコーヒーショップに立ち寄る程度です。

 

今回購入した、「ドルチェグスト ジェニオ エス」は私が欲しくて購入しました。

どのくらいコーヒーを飲むか

家族の中で、一番コーヒーを飲んでるのは父です。

父は、缶コーヒーや、コンビニのドリップコーヒーをほとんど毎日飲んでいます。

次に私、それから母の順によくコーヒーを飲んでいます。

私と母は、缶コーヒーが好きではありません。

スティックタイプやハンドドリップタイプのインスタントコーヒーを、週に1回くらい飲みます。

家族全体を見ても、あまりたくさん飲む方ではありません。

どうしてドルチェグストにしたのか

 

  • 頻繁に飲まないので、カプセルが余ってしまう
  • サービスの利用終了時に返却する手間

レンタルサービスは、マシン代がかからずカプセル代だけの負担なので購入しようか迷っている方にはおすすめのサービスです。

私の場合は、毎日決まって飲むことはないですし、気分によって飲まない期間があります。

カプセルの消費量が一定でないため、定期お届けで増えたカプセルの消費に時間がかかってしまうと思い、購入することにしました。

極度のめんどくさがりでもあるので、返却も手間になると考え、購入する選択をしました。

 

たくさんのマシンがある中で、なぜ「ドルチェグスト ジェニオ エス」を購入したのか。

サイズ感が大きすぎず、でも存在感があるところに魅力を感じたからです。

奥行きはありますが、幅をとらないため、ちょっとしたスペースに設置することができます。

スタバのカプセルがあるので、おうちでもスタバにいる気分を味わうことができるところも、購入しようと思ったポイントです。

ドルチェグスト の悪かった点

ドルチェグストを購入してよくなかったなと感じたところは全部で3つ。

  1.   深さがあるカップが入らない
  2.   一度に一杯しか淹れることができない
  3.  マシン本体のタッチパネルがわかりにくい

 

アプリとの接続不良が起こってしまうこともマイナスなところだなと感じました。

深さがあるカップが入らない

注ぎ口の高さがあまりないため、タンブラーなどの深さがあるカップには直接注ぐことはできません。

マイボトルにコーヒーを淹れて持ち歩きたい方は、コップに淹れてからタンブラーに移すなどの工夫が必要になります。

一度に一杯しか淹れることができない

ひとつのカプセルが一杯分になります。

来客時などは1回につき一人分になるので、全員ドルチェグストで対応しようと思うと時間がかかってしまいます。

マシン本体のタッチパネルがわかりにくい

ドルチェグストはアプリと本体から操作することができます。

タッチパネルは抽出量をメモリで指定します。

メモリにはミリリットルの表記がないため、わかりにくいと感じました。

アプリのメモリには抽出量の目安が表示されているので、分かりやすいです。

ドルチェグストの購入がおすすめな人

ドルチェグストの購入をおすすめしたい人は、以下の通りです。

  • コーヒーが好きで自宅でもよく飲む人
  • 在宅ワークやおうちにいる時間が長い人
  • コーヒーは嫌いじゃないがあまり飲む機会がない人

 

コーヒーが好きで、よく飲む人には購入をおすすめします。

レンタルはマシンの指定がありますが、購入は好きなマシンを選ぶことができます。

飲む頻度や量にあったマシンを選択することができるので、コーヒーを飲むのがより楽しくなります。

カプセルのみの定期購入もできるので、たくさん飲む人にもオススメです。

 

在宅ワークやおうちにいる時間が長い人にも、購入をおすすめします。

おうちにいる時間が長いと、気分を変えたくなるときもあると思います。

そんなときには、コーヒーを飲んで一息。

コーヒーの香りでリフレッシュすることができます。

 

私が特におすすめしたい人は、コーヒーは嫌いじゃないけどあまり飲む機会がない人です。

ドルチェグストは、簡単に美味しいコーヒーを飲むことができます。

カプセルもマイペースに購入することができるので、消費しなきゃというプレッシャーも感じません。

改めてコーヒーの魅力に気がつくことができます。

こんな人はレンタルがよいのでは

ドルチェグストのレンタルがおすすめな人は、以下の通りです。

  • 定期購入が負担に感じない人
  • たくさんコーヒーを飲む人

 

消費量がだいたい決まっている人には、レンタルがおすすめです。

カプセルをたくさん買うほど割引率も高くなるので、お得です。

マシン無料レンタルカプセル定期便と本体購入はどちらがいいか

マシン購入者の目線から、比べてみました。

マシン無料レンタルカプセル定期便のデメリットは、

  1. 定期購入にプレッシャーを感じてしまう
  2. ジェニオエスの白しか借りることができない
  3.  注文から届くまでに時間がかかる
  4. 解約時は電話しないといけない
  5. 解約してマシンを返すときは送料が必要

一番のデメリットは、定期購入にプレッシャーを感じてしまうことです。

1回の注文に6箱以上の購入が必要になります。

お届け日を遅らせることもできますが、溜まってしまうとなかなか消費できなくて困ってしまいますね。

本体購入のデメリットは、

  1. 本体代+カプセル代がかかる
  2. カプセルを買いに行く必要がある
  3. マシンが不要になったら自分で処分する必要がある

一番のデメリットは、本体代がかかってしまうことです。

レンタルのサービスは本体代がかからないので、金銭的な面では、レンタルの方がお得です。

しかし、カプセルの消費ができない不安が少しでもあるなら、購入することをお勧めします。

私は、購入してコーヒーを楽しんでいますが、好きなタイミングで好きなフレーバーのカプセルを飲むことができるので、本体を購入して後悔したことはありません。

 

無料レンタルして試してみてから、購入することもできます

今回の記事でドルチェグストが気になって試してみたいという方は、まず無料レンタルを試してみてください。

今後もドルチェグストを使い続けるという確信を持てたり、好きなタイミングでコーヒーを飲みたいという人は購入を検討してみることをおすすめします。

  • この記事を書いた人

森雄介

32歳のコーヒーが大好きな森雄介です。ネスカフェ ドルチェグストやバリスタを愛用しながら、自宅や職場にオススメのコーヒーメーカーを比較レビューしています。将来的には喫茶店を出すのが夢です。

人気の記事

ドルチェグスト レンタル 口コミ デメリット 1

こんにちは、ネスカフェ大好きな森です。 ネスレ人気のコーヒーメーカー『ネスカフェ ドルチェグスト』を選ぶなら、実はマシンを購入して利用するより『マシン本体無料の ...

バリスタ レンタル 口コミ 感想 2

こんにちは、ネスカフェ大好きな森です。 自宅で本格コーヒーを簡単に作れる『ネスカフェ バリスタ』を使い始めて5年ほど経過しました。 実際に使い続けて分かったバリ ...

ドルチェグスト 口コミ 評判 3

こんにちは、ネスカフェ大好きな森です。 コーヒーの味にうるさい私が愛用しているコーヒーマシン『ネスカフェ ドルチェグスト』。 ネットで口コミを調べても評判が良く ...

ドルチェグスト バリスタ どっち 違い 4

こんにちは、COFFEE BREAK 管理人の森です。 よくTVCMやお店で見かける「ネスカフェアンバサダ〜♪」で有名なネスレのコーヒーマシンってネスカフェ バ ...

-ネスカフェドルチェグスト

© 2022 コーヒーブレイカー